[SHIN-ON] No:3023 | Bisowa by ⁂Asterism Unity Space LLC.

1/3

[SHIN-ON] No:3023

¥198,000 tax included

the last one

Japan domestic shipping fees for purchases over ¥22,000 will be free.

Shipping fee is not included. More information.

[SHIN-ON]


Shin-On NO:03023

サイズ:H30 × W30 cm


画家:松山修平が描くSHIN-ONの世界。

SHIN-ONとは絵を描き始めて28年経った1989年に浮かんだテーマとのこと。
以来全ての作品にこのテーマを付しているという。

SHIN-ONの
”SHIN”は、「自身の中にある心の響き」、
”ON”は「自己に同調する周波数、バイブレーションの表現」を意味し、

漢字で表すと心音、新音、真音、伸音、慎音、森音、震音、進音、信音、神音、親音、振音、深音、身音、唇音、浸音の16通りになる。

松山修平さんは一生をかけて「このテーマで何を描けるのか」を追求されています。

また松山修平さんは以下のようにも話されています。

「アートに完結はなく、作品に込められた作者の『気』が鑑賞する人の心と同調することで、
作品と同調するさまざまな瞬間が生まれる。
それがアートの力だと思う。今後も、時間を肌で感じさせてくれるイタリアで制作を続け、
いろいろな場所で作品を発表し、shin-onの輪(和)をひろげてゆきたい」


【松山修平 画歴】

1955年東京生まれ。1976年イタリアに留学、
現在ミラノに住み、制作と発表を続けている。
イタリア、日本、アメリカを中心に 個展100回以上、グループ展200回以上を
数える。

特に 重要な 展覧会として ベネツィアビエンナーレとの同時期 1993年、
1995年、1997年、1999年、2001年の5回、10年に渡り SHIN-ONを開催。

近年ではイタリアのFERRARAの現代美術館の個展、FIRENZEの BARGELLO美術館、そして バチカン大学での展示。

アメリカ ニューヨークのウォールストリートジャーナル紙本社ビル1Fの ギャラリースペースでの個展にて18mの作品を展示。
同じくニューヨークのチェルシー美術館での個展などがあげられる。

その他 フランス パリの コンセルバトワレの 年間プログラムの表紙。

パブリックスペースでの表現としては、 
伊丹空港JALのVIPラウンジ、博多の中州の
タイムトンネルゲーツの5mの柱のオブジェ制作、イタリア リエティ市のモザイクの噴水、
サウジアラビアのフォーシーズンホテルのプレジデントスイートルーム、
客船飛鳥のロイヤルスイートルーム、ソニー大崎テクのエントランス 他
ローマ バチカン大学 など多数...



こちらの作品は、下記店舗で実物をご覧いただけます。



宇佐美商店×B.C.R宇和島
〒799-3730
愛媛県宇和島市吉田町立間2-2455 2F
tel :0895-52-4185 fax:0895-52-4185
営業時間 10:00-19:00
不定休
http://bisowa.co.jp/
https://bcr-organic-store.business.site/


その他の作品も店舗にてご覧頂けます。

Add to Like via app
  • Reviews

    (20)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥198,000 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品
          CATEGORY