blog

2021/07/19 15:07




静岡県浜松市天竜区水窪町にて地球循環型まちづくりを推進するBISOWA VILLAGE株式会社(代表:宇佐美聖子 東京都目黒区)は、「森ぐらしをやってみたい、けれど敷居が高い」と感じている方々に向け、週末・移住などシーンに合わせ自由に居住できるレジデンスプランのβ版をリリースしました。

– 30万坪の森林と7棟の古民家。森暮らしをサブスクで –

BISOWA VILLAGE株式会社は、保有する30万坪の森林と7棟の空き家を活用し、様々なシーンに合わせた定額制のレジデンスプランを構築。β版の提供を開始しました。

水や電気などの先端技術を取り入れつつ自然に調和した 「ありそうでなかった森ぐらし」を開発していきます。




感染症対策から家で暮らす時間が増加。森ぐらしを楽しみ交流するオンラインゲームが流行したり、ソーシャルディスタンスを確保したキャンプやサイクリングなどのアウトドアが再注目されたりと、自然とともにあるくらしへの関心が高まっています。


そこで私たちは、保有する7棟の不動産と30万坪の森林のレジデンスプラン(居住権)を定額制で提供。場所や時間にとらわれない多様な「森ぐらし」が可能となります。




– 保有する森林・不動産について –

保有する森林・不動産は、静岡県浜松市天竜区水窪町に位置し、東名阪の3大都市圏から電車で3.5時間以内、車で4.5時間以内で到着可能な立地です。



保有するのは、30万坪の森林と駅から徒歩圏内の7棟の不動産。

森林には、水源、公道から敷地への直接アクセス、5000坪の平地を含みます。

7棟の不動産は、滞在施設に加え、人や身体にいい食品・衣類・雑貨を取り揃えたエシカルショップやクラフトセンター、音楽スタジオなどを開発。森のそばでも快適で心地よい暮らしを構築しています。




-レジデンスプランの概要-

今回追加するプランは3つです。既存の基本会員を基盤とし、 事業・創作・セーフティーネットなどそれぞれの暮らしのニーズに合わせたプランを提供します。





– プランの特徴 –

プランでは、土地や建物そのものではなく居住権を提供。SNSや独自コインを利用していつでもどこでも「森ぐらし」を体感していただけます。



■ 定額制のレジデンスプラン(居住権)で「森ぐらし」をもっと身近に

レジデンスプラン(居住権)を提供することで多拠点や週末のみの利用など様々なニーズに対応。居住者のフィードバックを元に、継続的に開発します。



■ 独自コインやSNSECでの特産品購入でオンラインでも「森ぐらし」

会員専用のコインを用いて特産品などのお買い物が可能。専用SNSでの森づくりの共有により、オンラインでも「森ぐらし」を体験いただくことが可能です。





-今後の展望-

BISOWA VILLAGE株式会社は、「地球循環型のその先へ」をビジョンに、コミュニティや森林や古民家の開発・プロデュースを行う会社です。地球循環型とは、動物・植物・鉱物など自然とも調和のとれた、全ての命がその循環を楽しみ幸せに暮らしている社会です。


実在する30万坪の森林と麓の町の不動産7棟を舞台にした 場づくりと、オンラインを活用した コミュニティ が混ざり合い、重なりあって、地球循環型の共同体のモデルケースを醸成します。


敷地内の立木から製材される資材、ワークショップ形式で共有される建築技術、工具、デザインひとや技術、モノをシェアする「場」によって、コアなセルフビルド実践者だけでなく、幅広い層のコミュニティメンバーに開かれた共同体を実現します。