blog

2021/07/19 21:42

地球循環型のライフスタイルをデザインするBISOWA Design Team.(本部:静岡県浜松市天竜区水窪町、代表:宇佐美聖子)が、静岡県浜松市天竜区水窪町の道の駅の開発・プロデュースを手掛けました。

開発では、施設のコンセプト開発から内装設計・デザイン・ディレクションを実施。また販売促進としてリーフレットやSNSの運用などのPR、エリアマップ制作などのエリアマネジメントを担当しています。


地元に愛されてきた星の駅。「国盗り」から「碧 -AOI-」へ

今回プロデュースした旧「塩の道 国盗り」は、5年ほど前から運営され、水窪駅から徒歩5分、国道と清流・水窪川に挟まれ、食堂と物販、テイクアウト窓口など観光客・地元住人共に親しまれてきた店舗です。

新たな施設コンセプトは「地球循環型インフォメーションセンター 星と水と森と 水窪の里の駅 碧 -AOI-」。世界各地の地球循環型の衣食住+アートが集い、水窪の水や森の美しさ、そして星空の美しさを味わっていただける場所としてプロデュースしました。

天の川をあしらった玄関アプローチと内装、身体に優しいテイクアウトや世界中の地球循環型のアイテム販売など、地域、訪問者、地元の方、自然全てが良くなっていく・・・この施設が調和の起点となっていくよう設計しています。

ショップエリアには、水窪のアイテムや世界中の地球循環型の心地いいものを紹介し、店の前のスペースでは地元の野菜や工芸品を販売するマーケットを開催。

テイクアウトでは、ビーガンやオーガニックなど身体にも地球にも優しいお弁当などを提供しています。

もともと食堂だった部分は「場所に敬意と感謝を。」をテーマとし、洗練された空間での食事やコワーキング利用などを想定したレンタルスペース(リスペクトシート 碧 R + SPACE)に進化しています。


店舗名「碧 -AOI-」に込めた想い

碧には『青く美しい石』という意味があります。
緑がかった青というだけでなく、同時に美しい印象を与えるものを指しています。

美しい色のイメージから、純粋な様子や、偉大なさま、強い意志といった『目に見えないきれいなもの』も表現しており、樹木が青々と茂っている山林を表現する『碧山』など、単なる色ではなく美しい様子も同時に表現しています。

総監督を務めた代表 宇佐美聖子は「『国盗り』という歴史と名と背景を引き継いで、その先へと昇華し、本来の美しい水窪と世界中の地球循環型の心地いいものが響き合う場になりますようにと想いを込めて『碧-AOI-』という名前をつけました。」とコメントしています。